ワイマックス2+のギガ放題プランを選べば…。

ワイマックス2+のギガ放題プランを選べば、月毎に7GBというデータ使用量の縛りはなくなりますが、3日間で3GBをオーバーすることになると、速度制限を受けてしまうということを覚えておきましょう。

プロバイダー個々にキャッシュバックされる時期は異なるのが一般的です。現金が入金される日は何カ月か経過してからとなりますので、そうしたところも確認した上で、どのプロバイダーで購入するのかを判断してください。

オプション料金は取られますが、ワイマックスのエリア圏外であっても、高速通信ができるLTE通信が利用できる機種も用意されていますから、基本的にこちらの機種さえ1台所有していれば、日本の至る所でモバイル通信ができます。

LTEと言いますのは、今までの3Gを「長期的に進化させたもの」ということで名付けられた通信規格で、これから先登場するであろう4Gへの転換を円滑にするためのものです。そういう理由で、「3.9G」と称されています。

WiMAX端末に関して調べてみますと、非常に目立つのがワイマックスのキャッシュバックキャンペーンです。いろいろと見ていくと、40000円に迫るほどの高額なキャッシュバックを実施しているところも存在します。

プロバイダー各社が掲示しているWiMAX端末の1ヶ月の料金やキャンペーンを比較して、ランキング一覧を作成しました。ルーターを買うつもりの人は、是非ともご覧いただきたいと思います。

「ワイマックス」「格安sim」「ワイモバイル」の3種類を購入候補において、それらの強み・弱みを頭に入れた上で、利用状況別にWiMAX端末をランキングの形でご紹介させていただきます。

「速度制限なし」と謳っているのはワイマックスのみという印象をお持ちかと思いますが、ワイモバイルにも通信方式を選択することで、速度制限に見舞われることなく使える「アドバンスモード」という名のプランがあるのです。

「GMOとくとくBB」という名称のプロバイダーは、惹きつけられるキャッシュバックキャンペーンを打ち出していますが、バックされる現金をしっかりと手にする為にも、「キャッシュバックアナウンスメール」が受信できるようにメール設定しておくことが大事になってきます。

置くだけwi-fiを安く手に入れたいなら、月額料金や端末料金はもとより、初期費用とかPointBackなどを細かく計算し、その計算結果を比較して一番安い機種を選べば良いと思います。

ワイマックスはトータルコスト的に見ても、他のルータープランと比較してお得な価格でモバイル通信ができます。回線が利用できるエリア内では、1台のワイマックスWiMAX端末で何台ものWiFi通信機器をネットに繋げることが可能です。

「置くだけwi-fiを購入しようと考えているけど、高速&無制限モバイル通信ということで有名なワイマックス2+(ギガ放題)とワイモバイルが提供するポケットWiFiのどっちにすべきか決めることができない。」とおっしゃる方に役立てていただく為に、双方を比較していますので是非ご覧ください。

ワイマックスの通信提供エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%に達しています。東京都23区は勿論のこと、日本全国の県庁所在地などにおきましては、ほぼ100%通信サービスを利用することができると認識して頂いてOKです。

ワイマックスの後継として提供されることになったワイマックス2+は、そのワイマックスの3倍という速さでモバイル通信を行なうことができます。尚且つ通信モードをチェンジしたら、ワイマックスとワイマックス2+ばかりか、au 4G LTE回線も使うことができます。

ポケットWiFiというものは、ひと月の間に使うことができる通信量や電波の種類が異なったりするので、使い方により選定すべき置くだけwi-fiルーターも異なってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です